2014年03月04日

【デザインの話】【MOOMIN TRIBUTE WORKS】旅の途中。

語れるほど知識も見識もないのですが…珍しくデザインの話。

先日から販売になった【MOOMIN TRIBUTE WORKS】のファブリックアイテム。
そのなかで一見ムーミンらしくない生地があります。

「旅の途中」という生地です。

デザインの話_MOOMIN TRIBUTE WORKS_旅の途中.jpg

これは「さびしがりやのクニット」というトーベ・ヤンソンの絵本がもとになっているそうです。

ぽつんとさびしげな男の子。 彼が、さびしがりやのクニット。

ひとりぼっちで過ごす夜がこわくて、家を飛び出したクニットは、
浜辺に流れ着いたびんの中に、手紙が入っているのを見つけます。
それは同じようにひとりぼっちで、さびしがりやのスクルットの女の子が、助けを求めて書いた手紙。
クニットはついに勇気を出して、スクルットを守るために、海へと乗り出します。

ムーミン谷の人々にはげまされながら、小さなクニットの成長物語は読者に勇気を与えてくれます。 
子どもだけでなく、大人の心にも響く魂の成長を温かく描いた絵本。

ファブリックもそんな世界観が表現されていて、シンプルで大人なデザインになっています。
あまりインテリアにキャラクターを入れない方も、マルチクロスやクッションとして
さりげなくコーディネートできるかもしれないですね^^

attraction/アトラクション
posted by hideki at 18:57| Comment(0) | TrackBack(0) | SCANDINAVIAN TEXTILE | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック